建築設計の専門学校をナビゲートします

学歴と実務経験が必要なので、建築設計を学ぶために学校へ入学!

学歴と実務経験が必要なので、建築設計を学ぶために学校へ入学! 住宅やオフィスや高層ビル等、建物や施設を作るには建築士の存在は必要不可欠となります。
建築設計や設計図を基に、組み立てていくのは全て人間の職人技が必要です。
とても遣り甲斐を感じられるお仕事であるため、目指している人も沢山いらっしゃるでしょう。
しかし建築士になるには資格を取得しなければなりません。
国家資格なので、学歴要件や実務経験も必須となります。
そのため、建築設計を学ぶために学校に入学し学ぶ方が多くいますね。
まず建築士資格には三つあります。
一級建築士と二級建築士と木造建築士に分けられます。
それぞれ特徴や受験資格があるのです。
まず一級建築士は長い経験が必要になります。
二級建築士の実務経験を4年経なければ受験が出来ません。
さらにその二級の受験資格が得られるのは実務経験7年以上と定められているのです。
普通高校後、最短でも約11年かかるので、長い道のりになりますね。
また二級建築士も経験が3年必須になりますが、大学の建築学科を卒業すれば経験が無くとも受験資格が与えられます。

建築設計を学ぶための学校は?就活時の履歴書の書き方は大切

建築設計を学ぶための学校は?就活時の履歴書の書き方は大切 まず建築士とは、建築物の工事管理や建築設計に携わるお仕事を指します。
お客様の要望を基に、設計図の作成から建物の構築まで進めていくのです。
細分化すると沢山の事業に分かれますが、住宅やオフィスを作る全般のお仕事を指します。
そんな建築士になるためには、国家資格の取得が必要です。
大学や短期大学や専門学校に通い、建築士を専攻とする学科・コースを選びましょう。
大学卒業後や就職後でも可能ですが、一級建築士の合格者は大学卒業者が多くなってきています。
特色や指導法はその学校によりますので、見学やオープンキャンパスに足を運び自分に合うかどうか確かめると良いでしょう。
特に就職活動対策に力を入れている所に入ると良いですね。
履歴書やエントリーシートの書き方、面接の練習や資格取得を全面的にサポートしてくれるでしょう。
さらに入社後に即戦力となるよう、学生時代から建築設計の技術を身に付けられるように対策してくれるところもあります。

新着情報

◎2018/8/3

建築学校の知識をフル活用
の情報を更新しました。

◎2018/6/15

サイト公開しました

「建築 学歴」
に関連するツイート
Twitter